体験型!美術教育プログラムの企画・実施

アートの制作体験を通し、文化芸術を身近なものへ。

簡単な工作教室のようでありながら、体験前と体験後ではものの見え方が変わってしまうような、刺激的で楽しいアート・ワークショップのプログラムを多数企画立案し、実施しています。
ご相談はお問い合わせページよりお寄せください。
本ページでは企画の一部を公開しております。

ワークショップ・プラン例

空を描く / 雲を描き出す

ワークショップとは?

ワークショップという言葉は、体験学習的なステップを持った教育手法を指して広く使われています。
わたしたちは、「造形制作を通して様々な学習効果が得られるよう設計された教育プログラム」と定義し、アートを軸にしたワークショップを企画・実施しています。
参加者はファシリテーターと一緒に、なにかひとつのものを造りながら、その過程を楽しみます。楽しんでいるうちに、そこには多様な学習効果が生起していきます。
文化的な体験の感得機会であると同時に、造形能力・鑑賞能力といった芸術に関わる能力の向上はもちろん、協働制作における社会的な経験や創発的な経験が生む広範な教育効果が期待できます。