活動理念

保障されている「最低限度の文化的な生活」。
その「最低限度」の基準は、これまであまりに低く見積もられてきたのではないでしょうか。
私たちは、その水準を向上させていくために活動します。

活動の3本の柱

芸術活動支援

文化芸術の担い手を支援。

芸術教育活動

誰もが文化芸術を楽しめるよう、学習機会を創出。

インフラ支援

文化芸術を楽しむ余裕のある生活基盤の形成を支援。


「芸術活動支援」では、芸術家に対する作品制作の支援や発表機会の提供をすることで、芸術家が活動を継続していくことができる文化的状況の構築を目指します。

「芸術教育活動」では、自発的に文化的な経験を得ることが困難な場に学習機会を創出することで、すべての人が文化芸術を身近に感じ、触れ、楽しむことができる文化的状況の構築を目指します。

「インフラ支援」では、条件の良い住居の提供などの支援を行うことで、すべてのひとが文化的な楽しみを享受できるような、安定した生活基盤を構築できる社会を目指します。

これらを通し、「文化的な最低限度の生活」の基準を高めていくことを目指します。


SDGsへの取り組み

当財団は、内閣府の地方創生SDGs官民連携プラットフォームに参画しています。
実施プロジェクトはSDGs(持続可能な開発目標)の二つに貢献しています。

目標1「貧困をなくそう」に対し、インフラ支援活動を行っています。

目標4「質の高い教育をみんなに」に対し、芸術教育活動を行っています。